奇食ハッチポッチ Lite

管理人が心惹かれた、ちょっと変わった食べ物・飲み物を紹介しています。

2010-12

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスプディング


「クリスマスプディング」 ★★★ 奇食かどうかは怪しいが、知り合いのイギリス人曰く「奇食に興味あるなら食べてみるといいよ」とのことだったので載せてみることにした。 日本では売っているのを見たことが無く、これはヒースロー空港(出国手続き後にウロウロするエリア)のハロッズで5月末に買ったもの。 近頃はシーズンに関わらず土産の一種として通年置いているようだ。 値段は約10ポンド(購入当時は1ポンド130円ぐらいだったから1300円ぐらいか)。 もう一種類、使う酒の種類と値段が違うのもあった。 前述のイギリス人曰く、私が買ったのは10人前のビッグサイズで、もっと小さいサイズもあるようだ。 サイズを測るのをまた忘れてしまったが重さ500g以上、高さも直径も10cm以上あった。 プディングと言っても日本で言う黄色いプリンではなく、wikipediaに書かれているように「具沢山のパウンドケーキ」といった物体。
クリスマス関係だとドイツのシュトーレンが一番近いが、あれよりもフルーツがぎっしりしていて濃厚でべとべとしている。 確かに日本ではあまりお目にかからない物体だ。 イギリス人でも好き嫌いが分かれるらしい。 メジャーな食べ物のようで、アガサ・クリスティの作品にも『クリスマス・プディングの冒険』というのがある。 余談では、アメリカでは日本と同様にpuddingと言ったら黄色いカスタードプディングを指すらしく、アメリカ人にクリスマスプディングを見せたら「アメリカではクリスマスケーキと呼ぶね」と言われた。 イギリスではpuddingは熱を加えたデザート全般を、さらにはフルコースのデザートのことをpuddingと呼んだり(これは『鏡の国のアリス』で出てきた気がする)、ブラックプディングみたいに全くデザートではない物体があったり、よく分からない。 『エマ ヴィクトリアンガイド』には、最初プディングは肉と小麦粉で作った食事だったと書かれていた。
クックパッドのレシピに、クリスマスプディングは食べる前に蒸して温めるのがいいと書いてあったので実行してみたが、少し焦げてしまった。 見た目以上にずっしりしていて重い。 割ってみると、本当にレーズンやベリーやナッツがぎっしりである。 崩れやすく、少しベタベタしている。 アルコールの風味は日本で売られているレーズンケーキよりも強い。 甘く漬けたフルーツの甘酸っぱさとアルコール、それとわずかな小麦粉部分でなかなかのボリュームだ。 油脂が多いのか、食べた後口の中がざらついた。
私はフルーツケーキが好きなのでなかなか気に入ったが(10人前をほとんど一人で食べた)、確かに好みが分かれそうだ。 小さいサイズを輸入してどこかで売ってくれてもいいとは思うけど。
スポンサーサイト

ピザバーガー


「ピザバーガー」 ★★★ バーガーキングで1680円。 ピザバーガーと友人に言ったらピザ味のバーガーを想像されたが、これはピザのように大きいハンバーガーである。(味もピザだが) サイズを測るのを忘れたが、直径20cmくらいだろうか。 写真では比較のためにDR.グリップを置いてみた。
巨大さが売りであるだけなので味は特に面白くはないのだが、チーズ・玉ねぎ・トマト・ビーフでなかなかパンチが効いている。
1ピース=普通のハンバーガー1個のボリュームだと聞いていたが、確かになかなかのボリュームだ。 私は2ピースでちょうどだったが、ピザソースのジャンクな味わいでもっと食べられそうに思ってしまうので危険だ。 私のように1日3食ピザバーガーでも構わないと思うが、せっかくだから1人で一度に食べるか、パーティーでみんなと食べるかした方がよさそうだ。

BURGER KING 渋谷センター街店ハンバーガー / 渋谷駅神泉駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

【雑記】クリスマス限定かき氷

紅茶カキ氷
「国産紅茶のかき氷」 ★★★★★ しもきた茶苑大山のクリスマス限定かき氷。 600円+トッピング100円。 夏に抹茶やほうじ茶の大きなかき氷を出すので有名な店で、クリスマスとホワイトデーには限定メニューを出している。 ふわふわの塊がやって来るので食べるのが難しい。 こぼしやすいので注意が必要だ。 ふわふわの感触は他に無い感じで(台湾かき氷のなんとか花にも似ているが、あんなにビシャッとはしていない)、雪を思わせるサラッとして軽い触感。 口に入れると粒を残すことなくサッと溶けてゆく。 紅茶蜜の方はかき氷の感触にばかり気をとられてあまり記憶に残らなかったのだが、すっきりとした味わい。 加糖ストレートアイスティをお上品にした味、といったところだった。 苦味はほとんどなく、柔らかい味わい。 味が濃くない方が氷の食感を消さなくていいのだろう。 なお、数年前に食べた抹茶あずきは、もっと味が濃かったように思う。 ほうじ茶かき氷のが近いかな。 普段C級グルメばかり食べているので味は参考にならないが、この食感だけでも食べる価値はあると思う。 (余談だが「C級グルメサイト」はむかし『Yahoo!インターネットガイド』で紹介されたときのキャッチフレーズである。隣にAmazing Foodsさんが載っていて、同じ雑誌に掲載されたことを栄誉に思ったんだった。)

ガナッシュショコラ〈キャロットケーキ〉」


「ガナッシュショコラ〈キャロットケーキ〉」 ★★★ ゴディバで1粒367円。 ハーゲンダッツドルチェ1カップと同じ値段だと考えるとなんだかすごい。 ニンジン味のチョコレートは食べたことがない気がする。 ……ニンジンサイダーなら飲んだことがあるが、きっと月とスッポンだろう。 ナイフで切ってみた。 黄土色したクリームがキャロットだと思われる。 周囲にトッピングされているのはナッツ。
何かハーブかリキュールのような香りがする。 インドとかにありそうな味。 ニンジンの味はしない。 薄い黄色のクリーム部分にはミルク感がある。 キャロットケーキと言われてもさっぱり分からなかったが、少なくとも美味しかった。

GODIVA 国分寺丸井店チョコレート / 国分寺駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

塩バターチキンバーガー


「塩バターチキンバーガー」 ★★★ モスバーガーで360円。 モバイル会員先行クーポンを利用した。 チキンとバンズの間にフライドポテトが挟まっていたので、どんなものだろうと興味を持った。
……が、実際に見てみるとフライドポテトが小さい。 普通の物の1/5スケールといったところか。 食べてみても、チキンばかり目立ってポテトはほとんど感じられなかった。 チキンは爽やかなレモン風味で、美味しいことは美味しかったが、フライドポテトと一緒にチキンバーガーを食べるような新奇性はなかった。 ところで、ビーフやポークのバーガーだとハンバーグみたいなパティを使うが、どうしてチキンだと肉がそのまま挟まっているのだろう? チキンパティがあっても別に悪くないと思うのだが……。 ひき肉っぽいものだと鶏団子は美味しいし……あ、それだとつくねバーガーになっちゃうのか。

モスバーガー 武蔵小金井南口店ハンバーガー / 武蔵小金井駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

ポン・デ・リング〈醤油〉


「ポン・デ・リング 〈醤油〉」 ★★★ ミスタードーナツで135円。 きにためさんで紹介されていて美味しそうだったので買ってみた。 きにためも[醤油どーなつ] 確かに餅っぽい。 温泉街などにあるような、「醤油を塗って串に刺して焼いて売っている餅」を連想した。 生地のモチモチ感がまた餅らしくていい。 米粉を使ったたい焼きに少し感触が似ている気がする。 ところで、ドーナッツというと粉砂糖がまぶしてあるイメージが強いが、アメリカあたりでは甘くないドーナツってあるのだろうか?

関連ランキング:スイーツ(その他) | 武蔵小金井駅

ピーナッツ菓子


「ピーナッツ菓子」 ★★★★ 外語祭のブラジル・ポルトガルに関する展示でクイズをやったら参加賞にもらった。 ブラジル製だが、裏に日本語が書いてあったので輸入品のようだ。
ピーナッツバターを固めたような味。 ちょっと塩気が効いている。 乾燥してぼろぼろしており、オーストラリアで買った菓子を思い出した。 日本では売ってそうで売ってないな。 串にささったきなこ餅が感覚的に近いだろうか。

アールグレイ煎餅


「アールグレイ煎餅」 ★★★ グランスタで詰め合わせ770円くらい。 この店はキャラメル煎餅など色々挑戦しているようだ。 煎餅はほとんど味つけがされておらず(色が白いことから考えて、液体の紅茶は混ぜていないようだ)、茶葉の風味を強く感じる。 こういう場合はいい茶葉を使って、純粋に茶葉を味わうようにするといいだろう。 ご飯と紅茶を同時に頂いているような気分にならなくもないが、うちはご飯の後に紅茶を飲むこともあるので特に気にならなかった。

富士見堂 Gran Sta(グランスタ)店和菓子 / 東京駅大手町駅日本橋駅
夜総合点★★★☆☆ 3.0
昼総合点★★★☆☆ 3.0

食べるラー油肉まん


「食べるラー油肉まん 舞妓はんひぃ~ひぃ~」 ★★★ ローソンで購入。 まだラー油ブーム続いてたのか。 長いなあ。 吉祥寺の生ドーナツはすぐに下火になったようだけど……。 東京ウォーカーの記事を読んで興味をそそられたので買ってみた。 紙上”最辛”!?ローソンの”超激辛ラー油肉まん”食べてみた
食べてみると、当たり前だが辛い。 唐辛子の辛さだ。 ペペロンチーノでうっかり赤いわっかを噛んでしまったときの気分だ。 外語祭で食べたエマダツィも思い出した。
ただ辛いだけでなく、シャキシャキした具材が入っていることで救われる。 また、周りのまんをなるべく残しておけば、辛さでダメージを受けたときの口直しに使えていい。 海苔(ラー油おにぎり)とは異なり、食べているうちにラー油が染み出して手が汚れることもない。 意外とラー油と中華まんの相性がいいことが分かった。 ラー油よりは中華まんの可能性が広がったように思う。

【再掲】たこ焼きおにぎり


「たこ焼きおにぎり」 ★★★ 120円。 数年前に一度紹介しているが、性懲りもなく(?)また発売してきたので買ってみた。 ポップには「たこ焼きはごはんですか?おかずですか?いいえ、ご飯によく合うおにぎりの具です!」と書かれていた。 よく分からないが、関西の粉物文化としてはアリなのだろうか。
心なしか前回より具が大きくなった気がする。 一見すると紀州梅が入っているかのようだ。
ソース風味は弱く、たこ焼きの皮は意外と甘いのだという感想を持った。 蛸は、感触があるぐらいには入っていた。 食べられない味ではないが、別にわざわざおむすびに入れなくてもいいかな。 おむすびとたこ焼きを一緒に食べたいときや、たこ焼きを禁止されているときにおむすびにカモフラージュしてこっそり食べたいときにはいいのかもしれない。

レッドジンジャー


「レッドジンジャー」 ★★★ 単なるジャケ買い。 アゲ嬢とか小悪魔アゲハといった言葉が似合いそうだ。 液体が紫だったらアナスイもどきと呼ばれたことだろう。 発売元はサントリー。 サントリーと言えば、前に炭酸文明なるヒエログリフ風パッケージの代物も出していた。 こういう派手なデザインで売ろうという戦略を掲げているのだろうか。 どぎつい赤ピンクは液体そのものの色である。 なんとも体に悪そうだ。 ガラナが入っているのでちょっとコーラっぽい味がする。 見た目に反して甘さは弱く、ジンジャー味(原材料に生姜は入っていないのだが)を感じられるすっきりとした味わい。 見た目がアレだが飲みやすい味だった。

カツカレーおにぎり


「手巻おにぎり カツカレー」 ★★★ ミニストップで135円。 洋食シリーズというものだ。 ただのカツでなくカツカレーというのが興味をそそる。
カツの上にカレーペースト。 福神漬けがちゃんと入っていることに好感を持った。 これにより「カレー味のカツ」でなくカツカレーを感じられた。 目新しさは無いものの、定番化してもじゅうぶん通用するレベルだと思う。

 | HOME | 

FC2Ad

 

FC2カウンター

最近の記事

全ての記事を表示する

全ての記事を表示する

タグリスト

評価3 評価4 東京23区 中央線 和食 アイスクリーム 評価2 吉祥寺 チョコレート 東京都区外 麺類 評価5  コンビニ デパチカ 関東(東京以外) 南・西アジア 大豆 ファストフード カレー 中部地方 ベジスイーツ アメリカ 野菜ジュース 近畿  缶詰 ラムネ 大学グッズ 炭酸飲料 下北沢 超まずい 東北 東南アジア 評価1 和菓子 インド旅行記2008 南欧 韓国料理 アフリカ ご当地名物 コロッケ 東欧 沖縄 お祭り横丁 中国地方 西欧 イギリス キャラメルコーン ひな祭り 季節限定 中南米 ヨーグルト オーストラリア 関東(東京以外) キャラメル 

プロフィール

Author:ほのりあ
「奇食ハッチポッチ」というウェブサイトを運営していましたが、諸事情によりblogにしています。吉祥寺好き。
★の数は味の良さを表わしていて、★5が最高、×が最低です。
※携帯からのアップロードなので写真の画質は絶望的。
最近アダルト書き込みが多いので、URL書き込みを禁止しました。どうしてもという方は頭のhを取って下さい。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

英検1級単語ドリル 黒猫版


 

ブログ内検索

blogram

ブログの成分分析

blogram投票ボタン

カテゴリー

クリック募金

金はかかりません

CoRich

 CoRichブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

位置ゲー

最近位置ゲーにはまってます。もしよかったら遊びに来てくださいな。

ケートラ
まちつく!
コロプラ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。